太陽光発電のことなら弊社ティーオーピーにお任せ下さい

株式会社ティーオーピー

電話番号

太陽光氷河期21円時代の幕開け

  • 普及する時代から、確率する時代へ・・・
  • 事業者が選ぶ時代
    販売店が選ぶ時代
    施工店が選ぶ時代

ブランドマネジメント図式

  • ・製品保証
    ・工事保証
    ・低価格保証
  • ・利益還元
  • ・工事の安定供給
  • 再生可能エネルギーは、
    エネルギーの自給自足、
    低炭素社会の実現に向けて固定価格買取り
    制度開始以降、整備容量を急激に伸ばしました。
    その中で太陽光発電は、
    様々な環境下での対応を可能にし、
    普及に貢献しています。


    ところが、
    2016年を境に整備容量の伸び率は下落を始めました。
    この厚因は固定買い取り価格の低下による販売価格の下落や制度そのものの劇的な変更に伴う販売、施工リスクの増加等があげられると思います。
  • 弊社のブランドマネジメントでは、
    上図のように次の3つを実現致します。

    ①販売店様は施工、仕入れのロスを除き業務を簡略化することで、
    利益を確保した上での低価格を実現!!
    ②施工店様は販売数確保による施工件数、
    施工価格の安定供給を実現!!
    ③事業者様は、
    購入額の低価格によるシステム費用の早期回収を実現!!
  • 2016年の設備容量の下落においても、事業主様、販売店様、施工店様の設備容量は増加の一方です。

    日本における太陽電池総出荷量 下記参照
2012年度 4.209.651Kw(40円)
2013年度 8.625.377Kw(36円)
2014年度 9.872.006Kw(32円)
2015年度 7.956.713Kw(29円)
2016年度 6.532.000Kw(24円)※見込

ブランドマネジメント選ぶ

  • お問い合わせ
  • 製品ラインナップ